ドクターコラム

入れ歯をいれると口元の印象が変わる?

入れ歯をいれたら、顔が変わった。

入れ歯をいれてから、老けた。

このようなことを言われたことがありますか?

入れ歯の患者さんで、見た目の印象についての不満をおっしゃる方は、女性だけではありません。

男性でも、入れ歯をいれたせいで、顔が変わったなどと人に言われたら嫌なものですよね。

その原因について今回はお話したいと思います。

ご自分のお口の状態に合わない入れ歯をいれていたり、厚みのある入れ歯をいれていると、顔の印象が変わる可能性は高いかもしれません。

1. お口の周りの筋肉の動きが変わる。

合わない入れ歯を入れていると、入れ歯を入れている周りの筋肉が正しく使われなかったり、また、使わなくていい筋肉を使ってしまったり。

そのために、顔の表情が歪んでしますことがあります。お口の周りやお顔の表面にはたくさんの筋肉があって、話す時、食べる時、また表情を作るのに使われます。

筋肉のバランスがくずれると、入れ歯自体も安定しにくくなるかもしれません。

2. 厚みのある入れ歯

保険内で作る入れ歯は、本来歯茎である部分を、レジンというプラスティックでしか修復できないので、ある程度厚みが必要になります。

厚みがありすぎると、口元が出っ張ったり、盛り上がって見える可能性があります。

3. 低いかみ合わせの入れ歯

逆に、かみ合わせた時の口元の高さが十分ないと、とても老けた印象の口元になってしまうことが多いと思います。

上唇に縦じわが入ったり、口元にハリがなかったりすると、顔全体の印象も暗くなりやすいです。

4. かみ合わせの悪い入れ歯

かみ合わせのあっていない入れ歯や、入れ歯の歯がすり減っていたりする入れ歯を使い続けていると、どうしても噛む力が場所によって

アンバランスになってしまいます。そうすると、力がかからない入れ歯の下の顎の骨が極端に吸収してしまうことがあります。

顎の骨にくぼみができると、そこにシワができたりします。

また、きちんと噛む力が発揮されないと、目力も弱くなりがちです。お顔の表情もさびしい印象になってしまいます。

 

以上のようなことを考えても、入れ歯を入れることによって、顔の印象を入れ歯は入る前と同じように保つのは、入れ歯の厚みや形にとても影響されるということが

おわかりいただけたかと思います。

保険外の入れ歯の場合、そのあたりの患者さまのご希望にはなるべくおこたえできるような、ご提案ができると思います。

このようなご不満がある方は、是非ご相談ください!!

  • 24h予約受付
  • 丹野歯科医院

WEB診療予約

  • ご予約・お問い合わせはこちらまで!03-3821-6435
  • お問い合わせ

Access

丹野歯科医院

【 住所 】〒116-0013 東京都荒川区西日暮里3-23-9
【最寄り駅】JR山手線西日暮里駅・東京メトロ千代田線
西日暮里駅から徒歩3分(荒川区)

【診療時間】 8:30~13:00 / 14:00~18:00
【休診日】 土曜・日曜・祝日

自費治療のカード払い対応

当院では、自費治療のみカード払いが可能です。
お支払い方法も一括払い、分割払い、ボーナス払いが選択できます。
詳しくはスタッフまでお気軽にお尋ね下さい。