違いを知って、本当に自分に合う入れ歯を

保険と自費診療の違いを考えたときに、まず何を思い浮かべますか?1つには保険診療は安価で、自費診療は高価ということでしょう。保険診療は国民皆保険で費用の一部が国から払われますので、少ない負担で受けることが出来ます。
しかし、自由診療という選択肢を切り捨てるときは、そのメリットを受けることをも諦めていることになります。では、自由診療の入れ歯の長所をご存知ですが?ここでは保険診療と自由診療の入れ歯の違いをお話しします。

保険と自費診療の入れ歯の違い

材料

保険診療の入れ歯は床の部分も人工歯もレジン(プラスチック)製になります。これ以外の素材は認められておらず、使い心地を追求するために一部分を別の素材にするといったこともできません。
一方で、自費診療の場合は 金属床やセラミック歯が適応できます。また、精密入れ歯やバネのない入れ歯も製作が可能です。強度、耐久性が高く、他の歯への負担が少ない設計の入れ歯となっています。

設計

総入れ歯の場合は保険診療でも自費診療でもそこまで大きな違いはありません。しかし、部分入れ歯の設計は保険と自費では異なっております。
保険診療の部分入れ歯はバネの本数や部位が限られています。そのため、本来は調整して適宜設計していくべきバネの位置が制限されることになります。そして、入れ歯の厚さも厚くなっています。
自費診療の部分入れ歯には バネを使用しない部分入れ歯もあります。金属アレルギーをお持ちの方や、バネが審美的に不満という方にお薦めです。

かける手間

保険診療と自費診療は患者様の負担額が異なります。保険診療は細かく国によって定められています。つまりそれぞれの治療の費用が決まっているため、どうしてもかけられる時間も限られてしまいます。
自費診療の場合は、各医院で費用を設定しています。そのため、 精密な機械を使用し、時間をかけ、丁寧な治療をご提供することが出来ます。義歯治療は長い工程が必要な治療です。そのため、歯肉の型採りや調整には手間がかかります。そこにきちんと時間を取らなくてはなりません。この点は自費診療でないと実現は難しいでしょう。

  • 精密な機械の使用
  • 豊富な時間をかけた診療
  • 丁寧な歯肉の型採りや調整

最終目的

保険診療はできることが限られているため、治療目標としては痛みの除去や最低限の機能回復となります。義歯治療においては歯を補い、咬合できるように調整し、咀嚼機能を回復することが実現できます。
自費診療の場合は、患者様が納得できる治療を目指します。入れ歯の調節を満足するまで行ったり、審美性にこだわることが出来ます。セラミックの歯や痛くない床の素材などがその例です。最低限ではなく、 長持ちする審美性もある義歯をお求めの方は自費診療での入れ歯をお薦めします。

適合の良い入れ歯を入れた方が良い理由

合わない入れ歯は噛みにくい、痛い、ずれるといった不便さをもたらすだけではありません。顎の骨が吸収してしまい、最悪の場合、神経が露出したり、顎の骨が骨折したりすることがあります。そうすると、当然、外科的治療が必要になってしまいます。

骨が強すぎる力を与えられたときは骨の退縮が、反対に何の力も加えられなかったときには廃用萎縮が起こります。どちらも骨が吸収し、減っていくことです。これを起こさないようにするには、 適合の良い入れ歯をつくることが大切です。適度な刺激を歯肉に与えて、健康的な口腔を保てるようにしましょう。

お問い合わせ

  • 丹野式精密入れ歯

  • 丹野式精密入れ歯の特徴
  • 診療の流れ
  • 診療費用
  • 義歯・入れ歯

  • 総入れ歯
  • 部分入れ歯
  • BPSデンチャー
  • 保険の入れ歯と自費の入れ歯の違い
  • 入れ歯の真実
  • 若くして歯を失ったあなたへ
  • 当院のコンセプト
  • クリニック紹介
  • 治療費用
  • アクセス
  • よくある質問
  • ドクターコラム
  • (株)近藤義歯研究所
  • 24h予約受付
  • 丹野歯科医院

WEB診療予約

  • ご予約・お問い合わせはこちらまで!03-3821-6435
  • お問い合わせ

Access

丹野歯科医院

【 住所 】〒116-0013 東京都荒川区西日暮里3-23-9
【最寄り駅】JR山手線西日暮里駅・東京メトロ千代田線
西日暮里駅から徒歩3分(荒川区)

【診療時間】 8:30~13:00 / 14:00~18:00
【土曜日の診療時間】10:00〜14:00
【休診日】日曜・祝日

自費治療のカード払い対応

当院では、自費治療のみカード払いが可能です。
お支払い方法も一括払い、分割払い、ボーナス払いが選択できます。
詳しくはスタッフまでお気軽にお尋ね下さい。