ドクターコラム

入れ歯すると味覚が損なわれると聞きます。本当なのでしょうか・・・

入れ歯をすることで味覚が損なわれるのではないかという心配をされる方は日暮里市にも多く、歯医者でも多くの相談を受ける問題です。結論から申し上げれば、入れ歯によって食べ物の味の変化を感じることは事実です。それには大きく分けて2つの理由が隠されています。それぞれ対策が不可能ではない問題ですから、入れ歯にすることで味覚が変わる原因の基本を知っておきましょう。

まずは入れ歯そのものの性質の問題です。レジンと呼ばれるプラスチックで出来た入れ歯を使用していると、食べ物や飲み物の水分を一部吸収してしまいます。そのため、最初に食べた食べ物や飲み物の味が歯の中に残ってしまい、後から口に入れた物の味を損ねてしまうことがあるわけです。チタンで作られることの多いインプラントで治療を受けると、味を損ないにくいと言われるのはこのためです。

次に、噛み方の問題です。人間が食べ物や飲み物の味を判断する場所は歯ではなく舌ですから、入れ歯にしたからといって一気に味覚が変わってしまうということは本来起こりません。ですが、入れ歯にすることで従来までと食べ物の噛み方が変化してしまうことで、舌に味覚が伝わりにくくなってしまうことがあります。前歯だけでなく奥歯をバランス良く使い、食べ物をしっかりと噛み砕いて食べる癖を付けるだけでも、自前の歯と変わらない味覚で過ごすことも可能です。

味覚が変わる恐れがあるという理由で、入れ歯にすることを躊躇する方は日暮里市にも多くおられますが、対策を講じることは可能です。なるべく味覚を失わない方法で治療を受けたいという希望を歯医者に伝え、適切な治療をしてもたいましょう。

  • 24h予約受付
  • 丹野歯科医院

WEB診療予約

  • ご予約・お問い合わせはこちらまで!03-3821-6435
  • お問い合わせ

Access

丹野歯科医院

【 住所 】〒116-0013 東京都荒川区西日暮里3-23-9
【最寄り駅】JR山手線西日暮里駅・東京メトロ千代田線
西日暮里駅から徒歩3分(荒川区)

【診療時間】 8:30~13:00 / 14:00~18:00
【休診日】 土曜・日曜・祝日

自費治療のカード払い対応

当院では、自費治療のみカード払いが可能です。
お支払い方法も一括払い、分割払い、ボーナス払いが選択できます。
詳しくはスタッフまでお気軽にお尋ね下さい。