ドクターコラム

歯茎が痩せてしまって、入れ歯が合わなくなってきたのですが、補修できますか?それとも、作り直しになりますか?

日暮里市の歯医者には入れ歯の調整を行うためにたくさんの患者さんが訪れます。そしてその多くは歯茎が痩せてしまい、入れ歯が合わなくなったことが原因です。歯茎は加齢と共に痩せていきます。そのため入れ歯を使用しているとそれがぐらついてきたリ、噛む力が弱くなってしまったと感じることがあります。しかしこうした入れ歯は調整が可能です。そのため作り直す必要はありません。
多くの場合、入れ歯の内側にレンジを加えることで調整を行います。しかしこのような方法でも調整できないほど歯茎が極端に痩せてしまうこともあります。たとえば入れ歯のぐらつきをそのまま放置していたり、歯茎が病気になった場合などは、知らないうちに歯茎が大きく衰退していることがあります。このような場合、状況によっては入れ歯を作り直さなければならないこともあります。こうした状況を避けるためには、入れ歯が合わないと感じたらすぐに日暮里市の歯医者で検査を行うことが必要です。
入れ歯を少しずつ調整していけば歯茎に大きな負担がかかることを避けられます。また入れ歯の作り直しも避けることができるために、費用の節約にも役立つもです。健康な歯茎でも、10年で2ミリほど下がると入れています。この点を考慮すると、歯茎に問題がなくても入れ歯は自然と合わなくなることが理解できます。そのため自分の歯茎は健康だから大丈夫と決めつけるのではなく、入れ歯に違和感を感じるようならすぐに専門家の診察を受けるべきです。

  • 24h予約受付
  • 丹野歯科医院

WEB診療予約

  • ご予約・お問い合わせはこちらまで!03-3821-6435
  • お問い合わせ

Access

丹野歯科医院

【 住所 】〒116-0013 東京都荒川区西日暮里3-23-9
【最寄り駅】JR山手線西日暮里駅・東京メトロ千代田線
西日暮里駅から徒歩3分(荒川区)

【診療時間】 8:30~13:00 / 14:00~18:00
【休診日】 土曜・日曜・祝日

自費治療のカード払い対応

当院では、自費治療のみカード払いが可能です。
お支払い方法も一括払い、分割払い、ボーナス払いが選択できます。
詳しくはスタッフまでお気軽にお尋ね下さい。