ドクターコラム

入れ歯にすると喋りづらくなるとよく聞きますが、なぜそうなってしまうのですか?どうすればふつうに日常会話を楽しむことができますか?今から心配でなりません・・・

入れ歯にすると会話がしづらくなるというのは、入れ歯の土台が口内にとって、異質な存在となるからだと言えます。歯と歯茎と舌で構成される口の中に、新たに入れ歯の土台が加わってスペースを圧迫するので、空気が上手く通らず発音が不明瞭になってしまうのです。
入れ歯から土台をなくすことはできませんが、日暮里市の歯医者は、入れ歯でも会話を楽しみたいという患者様のために、薄い土台の特別な入れ歯の利用をお勧めしています。土台を薄くすることで、入れ歯を違和感なく口内と一体化させることができ、違和感は最小レベルに抑えられます。土台の調整以外には金具を排除したフラットな入れ歯を使用し、口の中の引っ掛かりをなくして、これまで通り自然に声を発せられるようにする、という方法もあります。
どんな治療法も、必ず治療費というものが発生しますから、患者様に対して歯科が一方的に治療を行うことはありません。日暮里市の歯医者も、患者様との診療の上でのコミュニケーションを大切にしています。
入れ歯での発声は、慣れが解決してくれることもあります。初めて入れ歯を入れた時には、誰でもそれまでの口内との差異を感じるものですが、それは入れ歯の問題ではなく、慣れぬ刺激に対して無意識に身構えてしまう人の無意識の問題です。
入れ歯を意識せず、普段通りに大きな口を開けて話せるようになれば、自然と会話もそれまで通りのリズムに戻るものです。あまり心配しすぎず、前向きに入れ歯と向き合っていきましょう。

  • 24h予約受付
  • 丹野歯科医院

WEB診療予約

  • ご予約・お問い合わせはこちらまで!03-3821-6435
  • お問い合わせ

Access

丹野歯科医院

【 住所 】〒116-0013 東京都荒川区西日暮里3-23-9
【最寄り駅】JR山手線西日暮里駅・東京メトロ千代田線
西日暮里駅から徒歩3分(荒川区)

【診療時間】 8:30~13:00 / 14:00~18:00
【休診日】 土曜・日曜・祝日

自費治療のカード払い対応

当院では、自費治療のみカード払いが可能です。
お支払い方法も一括払い、分割払い、ボーナス払いが選択できます。
詳しくはスタッフまでお気軽にお尋ね下さい。